ここに注目!ー不動産ポータルサイト攻略ー意外と奥が深い世界

不動産ポータルサイト攻略

不動産ポータルサイトの広告ー不動産のWebの中でも検索エンジン広告と同じく、集客に使っている事が多い広告メディアです。

しかし、ポータルサイトごとに異なる反響単価・費用対効果・アポ率といった
非常に重要かつ細かいデータやウハウはお持ちですか?

そしてそれは広告営業が用意したような「売る側の業者が都合のいい情報」になっていませんか?

ポータルサイトと一口にいっても、広告の種類、予想反響数など大きく異なり、予算や物件によって使い分けて正しい選択をしないと、広告費の無駄がどんどん出てしまいます。

ポータルサイトの何の媒体の何にいくらかけるか、高額価格帯の売買物件の反響を取るには、ポータルサイトのどの媒体のどの広告を選べばいいのか?また、そもそもポータルサイトに広告を使うよりも自社ホームページへキーワード広告のほうがいいのではないか?

選択肢は多く、ノウハウや経験、データ、成功事例・失敗経験がある不動産のWebに精通した人材でないと、「こうしたほうがいい、なぜならばこういう根拠だから」という専門的なアドバイスはとうていできません。

あなたにそんな不動産のWebに精通した人材がいらっしゃいますか?
もしいないなら、私がその部分をカバーしましょう。

ここがポイント!ー不動産ポータルサイト広告に関する予算配分・広告選択ー

不動産ポータルサイト広告攻略編では、主にこのようなことについてアドバイスします。

不動産ポータルサイト攻略

基礎知識・実践結果編

アクセス解析
@不動産ポータルサイトの特徴とは?
@不動産ポータルサイトのメリット・デメリットとは?
@予算別:不動産ポータルサイトと検索エンジン広告との推奨予算配分の比率と根拠とは?
(月30万円未満)
@予算別:不動産ポータルサイトと検索エンジン広告との推奨予算配分の比率と根拠とは?
(月50万円未満)
@予算別:不動産ポータルサイトと検索エンジン広告との推奨予算配分の比率と根拠とは?
(月100万円未満)
@予算別:不動産ポータルサイトと検索エンジン広告との推奨予算配分の比率と根拠とは?
(月100~200万円)
@広告営業の話を鵜呑みにするな!結果から教える「ポータルサイトの反響数・契約率」とは?
@広告営業の話を鵜呑みにするな!他と比べた比較による「ポータルサイトの費用対効果」とは?
(athomeとSUUMO、HOME'Sの3つの中から最も反響単価、アポイント単価、契約率が高かったものとは…)

athome編

athome 不動産広告要チェック!athomeの広告と反響の費用対効果はどのくらいあるのか?
要チェック!athomeの広告で大きな欠点とは?
要チェック!athomeの広告で大きな魅力とは?
要チェック!athomeの広告でオプション付けるかの営業が来た場合の適切な対応とは?

HOME'S編

HOME'S 広告編要チェック!HOME'Sの広告と反響の費用対効果はどのくらいあるのか?
要チェック!HOME'Sの広告で大きな欠点とは?
要チェック!HOME'Sの広告で大きな魅力とは?

SUUMO編

SUUMO 不動産広告要チェック!SUUMOの広告と反響の費用対効果はどのくらいあるのか?
要チェック!SUUMOの広告で大きな欠点とは?
要チェック!SUUMOの広告で大きな魅力とは?
要チェック!SUUMOの広告でオプション付けるかの営業が来た場合の適切な対応とは?

その他のポータルサイト編

その他のポータルサイト編

要チェック!3大ポータル以外のその他不動産ポータルサイトで試す価値があるポータルサイトとは?
要チェック!売買・賃貸・収益・建売分譲(戸建・マンション)の4つのケースから考えてみた
3大ポータル以外のその他不動産ポータルサイトを利用すべきケースと、利用すべきではないケースとは?

不動産会社社長に怒られる広告営業マン広告営業マンは、不動産ポータルサイト広告の世界において、「反響がない」場合は不動産会社にボロクソ怒られることがある

「反響を他社さんでは取れて契約になりました」とかの話は営業時にはしますが、あなたの取扱物件が反響・契約になるかどうかは商談時に一切言いません。

下手に言って契約して失敗したら「責任問題」に発展する可能性があるからです。(契約のためには口八丁手八丁の営業マンもいるかもしれませんが)

契約がないのは致し方ない部分もあるでしょう。
御社の営業方法がダメとか営業力がないとか。まだ許せます。

しかし、反響自体がないとなると、ポータルサイトの場合は広告費全部丸々ドブに捨てたことを意味します。(不動産は反響営業だけにこれが怖かったら広告打てないという話になりますが)

ポータルを使って反響を取るなら、予算や物件、価格帯、売買か賃貸かによって予算配分も、選択肢も千差万別です。

選ぶならどれにするかとか、どれを選んだたダメなのかアドバイスしますので、一緒に考えていきましょう。

適当にやってうまくいくほどポータルサイトからの契約はおろか、物件反響すらロクにあがりませんし、不動産のオンライン仲介の世界は、そんな甘いものではありません。

ここがポイント!契約率から言えば、ポータルサイトからの反響からの契約率は、全体的に他のメディアと比較すると、決して高くはないからです。

それは私の過去4年以上にわたる経験や100万、1000万レベルのデータ・数字がそれを物語っています。

ポータルサイトはあくまで利用サービスを売っているので、反響や売り上げ保証はありませんし、全ては利用する業者次第。

だから、本来、反響が満足になかった責任を広告営業にボロクソ文句を言う時点で「お門違い」なわけです。

でも、なぜそんなクレームいうかというと、広告営業の話をうのみにして何の専門ノウハウもなしに広告出して反響ないとこぼす「業者側の無知無策ぶり」が50%、広告営業の「反響取れる」とか甘い話を断定的に話してWebに無知なクライアントの社長に対してプレゼンした悪質営業ぶりが50%でしょうか。

お任せ下さい。そこで、私のように、ポータルサイト・有料広告・無料SEO色々な手法をを使って売買・賃貸で反響獲得し契約上げてきた過程の全てを知り尽くした・立場上全部把握していないといけない不動産会社内部で働いてきたスペシャリストにぜひ広告を出す前に、ご相談ください。

経験やノウハウをもとに、安定した反響をできるだけ費用対効果を出しながら取るためにWebから営業の事までトータルでコンサルティングします。

ネット反響は紙媒体の反響とは「かなり異質」で、売買と賃貸で多少異なりますが、例えばなかなか会えない、メールすらなかなか帰ってこない、どういうメールをどういうタイミングで送るべきか、成約率が低いなど当面立ちはだかる様々な課題をどう克服していくのか?

営業とWeb両方の視点によるアドバイス・コンサルティングにご期待下さい。

不動産のWebは軌道に乗るまでが数か月から1年程度(累積収支黒字化)ひと苦労ありますが、スタートと過程とゴール3つ全て経験してきたので、黒字化後はアクセス数が増えて毎日反響来て、アポイント・営業して紙媒体を超える成績あげるようになる「快感」とリスクヘッジをあなたに体験して頂きたいですね。

Webで一度黒字化すれば、後はぐっと楽に安定して利益が見込めます。

売上住宅

紙媒体のように一発勝負で広告やって1万枚ポスティングして反響ゼロとかそういうバクチ的な広告ではなく、安定して予測できる反響と契約があがる快感を毎月実感できます。(ただし、SEOの順位変動とPPC単価高騰によって、安定度は昔よりもだいぶダウンしましたが、反響数、アポ数、契約数などが事前に計算できる魅力があるという意味では昔も今も変わりません)

問題は数々の課題を乗り超えるまで我慢できるか、努力できるか?そして無駄なことを極力せずにアドバイスを忠実かつスピーディーにできるか?にかかっています。

撤退を余儀なくされるケースでは営業の問題もありますし、Webでずいぶん遠回り、ハイリスク、効率の悪い動きをしている場合も多いので、できれば今の状態からテコ入れ依頼よりも、完全ゼロベースのやり直しスタートの方が結果を出せる自信度は断然後者にあります。

不動産ポータルサイトの利用全般に共通するコンサル内容の一部を紹介すると…

@数字が教えてくれる「ポータルサイトと自社ホームページの反響の大きな違い」とは?

@反響単価が最も安いポータルサイトとは?なぜ、そのポータルサイトの広告が反響単価が安く確保できるのか?どんな物件をどういう入力の仕方で行えばいいのか?具体例で詳しく解説

@売買(収益物件の売買も含む)と賃貸ではどちらがポータルサイトの利用価値が高いか?

@ポータルサイトの広告営業マンですら、わかっていない、口でうまく説明できない
自社ホームページよりもポータルサイトの広告掲載の方が優れている6つの魅力とは?

@ポータルサイトの広告営業マンですら、わかっていない、口でうまく説明できない
自社ホームページよりもポータルサイトの広告掲載の方が劣っている7つの欠点とは?

@ポータルサイトの広告で反響がわりと多く取れる物件に共通する「9つの共通点とは?」
(1つも共通点ない物件の場合は、掲載するだけ無意味で広告費の無駄と言い切るほど重要)

@1億以上の物件を実際に契約取れたことがあるのでわかる「ポータルサイト広告の秘密」
ポータルサイトの広告で、高額価格帯の物件で契約やアポイントにつながる「濃い反響」が欲しい場合の広告選びとは?

@3大ポータルサイト以外のポータルサイトを利用する意味・価値・実際の結果・費用対効果とは?

不動産のウェブ部門畑で歩んできた人間でないと、こういう専門的なことは教えられない内容になっています。

大事なことは、知識や経験をお伝えしたいのではなく、ポータルを使ってあくまで費用対効果を出した反響を獲得するためにどうしたらいいのかをあなたと共に考える点にあります。

ポータルサイトの広告攻略の知識を教えながら、目的はあなたの会社の予算や規模、物件属性、エリアをヒアリングしたうえで、ポータルサイトを利用する場合は、どのメディアの何の広告にいくら使うのか?話し合い決めて広告を出し「費用対効果が出た反響を獲得すること」の1点です。

その場合の私の過去の経験から計算した、予測反響数や、予測反響単価を計算して、後は営業サイドが何件に1件契約をあげられるかによって収支黒字化達成時期が見えてきます。

不動産仲介会社を現在も含めて、トータル4社全てで立ち上げを1人で担ってきた不動産ネット立ち上げのプロで、今も現役ですから「変な話、不動産のWebならコンサルタントでも知り得ない内部事情にも精通し、何をやるとどうなるのか・賃貸・売買・収益問わず、「業務も広告も」細かいところとマーケティングの未来を知っているのが他の人にはない私だけの強みといえます

メール不動産仲介のオンライン「立ち上げ」と「早期黒字化」なら、お任せ下さい!

不動産仲介会社を現在も含めて、トータル4社全てで立ち上げを1人で担ってきた不動産仲介ネット立ち上げのプロで、今も現役ですから「不動産のWebならコンサルタントでも知り得ない内部事情にも精通し、何をやるとどうなるのか・賃貸も売買も未来を知っているのが他の人にはない私だけの強みといえます。

(投資は物件情報型サイトではなく条件相談型サイトによって反響・契約を上げた経験があります。
ただし、キャリア上、売買・賃貸サイトのWeb実務全般を担ってきましたので居住用の売買の物件情報型サイトのノウハウや経験をベースに、条件相談型反響獲得サイトでも収益物件の売買立ち上げ・収益黒字化コンサル致します)

チェック項目 Webコンサルティング 宅建業 オンライン

商材を売るためが目的の今までの各種外注業者と違い、数ある選択肢の中から御社が不動産のWebでゼロから立ち上げ黒字化し軌道に乗るまでの間、サポートする完全独立型でオーダーメイドの立ち上げと黒字化までのサポートを最長1年間行います。

(ただし、サポート体制の限界とSEO対策のクライアントの利益保護のため、各都道府県あたり5社(首都圏は10社まで)までの完全限定募集となります。1人で問い合わせ対応、依頼対応訪問指導、サイト運営更新・マーケティングの全てを行っているため、時間的都合上御了承下さい。募集エリアが埋まりましたらキャンセル待ち、または募集停止になります)

ちなみに、私がコンサルしたクライアントは、現場指導のコンサル日に「へ~なるほどね」「それは知らなかった」「いいこと教えてもらった」「だからダメだったんだ」 一番多く聞く言葉はこの4つですね。

経験やデータ、事例に基づき「現役で働く現場の人間による「根拠のあるコンサルティング」をします。

全額返金保証はさらに踏み込んだサポートをしますアドバイスとスキル指導・エリアがかぶらない
他のクライアント様からの情報提供までが
私のお手伝い範囲ですが、
全額返金保証付きコンサルティング講座を
お申し込み頂いた場合は、
私自身も赤字のリスクを負い義務と責任が発生するため、さらに大きく踏み込んでお手伝いすることになります。

返金保証つき不動産ウェブコンサルティング

お申し込みはこちらをクリック