返金保証つき不動産ウェブコンサルティング

チェック!6)PPC広告(リスティング広告)

リスティング広告とは

「PPC広告ってさ。自社でやろうとするとキーワード選びとか入札単価とか、管理画面も複雑だし。どうしたらいいのか分からない事がすごく多いよね。」

相談イメージ  ネット不動産の悩み

かといって、業者に任せれば、コンサルフィーで広告料の20%を持っていかれるし…

それに、今すぐこの非公開物件や専任物件の反響をピンポイントで、お金かけてでもいいから
広告やりたいときに限って代行業者が土日祝日休みですぐ対応できずに、何度もウンザリ。

SEOと並び、集客の生命線の1つでもある「PPC広告」

不動産の集客の中でも、反響につながるアクセスアップのメインは検索エンジンからの集客です。

不動産広告のPPC広告は、自社でやるケースと、外注運用代行するケースに分かれますが
SEOほどではないにしろ、色々な問題・悩みが発生します。

リスティング広告ー(別名PPC広告といいます。不動産のWebの中でもリスティング広告はSEOと違って、集客の確実性があることが魅力の手法です。

SEOで上位表示されない「SEO敗者」の会社でも集客し反響獲得できるため、Webで食っている不動差会社の多くは、SEOからの集客以外にリスティング広告にも毎月予算数十万円使って、数十件多いと100件、150件規模で毎月集客している企業が目立ちます。

私が過去に在籍した某不動産会社では、SEOで数あるキーワードでほとんど第1ページ目ランクインしているため、リスティング広告の必要性がないくらいでしたが、こういうのは例外です。

ほとんどの場合、PPC広告に多かれ少なかれ依存しているのが現実です。

しかし、SEOやPPCで結果が出ていても、営業マンが20名もいる大所帯に創業から5年で急成長したため、反響の安定確保やHPの反応率の高さから、現在ではリスティング広告にキーワードを5000取って集客しています。

SEO集客に成功している企業でも、リスティング広告は使っているほどポピュラーな「不動産のWeb集客で最も使う機会が多い」方法の1つでありますが、運用とキーワード選びで分からない為に外注するのが多いのですが、コストを節約して自社でやるか迷う会社もあります。

不動産サイトのPPC広告に関する「代表的な御相談内容事例」とは…

ポイントキーワード選び(同じような意味でも、クリック単価が大きく異なる世界を理解しよう)
ポイント平均単価はいくらで広告しているの?(売買・賃貸)
ポイント2割のコンサル料取られても、運用代行させるのがいいの?それとも自前でやるべき?
ポイントクリックした後に一番最初にどこのページに飛ばす(着地ページ)のがいいの?
ポイントPPC広告やって 、反響来るための「大前提」とは?
ポイントPPC広告とSEO対策ーサイトの状態によって異なる「予算配分」とその根拠とは?
ポイント初期段階におけるPPC広告の鉄則とは?
ポイントPPC広告を完全お任せで外注させて彼らが行った「キーワード」と「入札単価」の詳細とは?
ポイント毎月広告費の2割前後取られるコンサルフィーがもったいないから、自分でやりたい、しかし、キーワード選びややり方、キーワード調整など最初は分からないから任せるしかない…。そんな大多数の不動産業者に事務員1人Webを兼任できるPCスキルがあるなら可能な「頭のいいPPC広告ノウハウ」= PPCカメレオン作戦の秘密とは?
ポイント売買サイトで毎月平均1本以上契約をあげた、PPC広告、SEO対策、ポータルサイトの予算配分適性化の具体策とは?

PPC広告の世界は自社で実施するのは当然のこと、外注に任せる場合であっても、知っておいて損はない情報をお伝えします。

資金難・人材難の中小零細業者ならではの戦い方をご存知ですか?

それは「反響」を費用対効果が出る状態で、なおかつ安定的に獲得するために、大手のようなビッグキーワードや単価の高いミドルキーワードでもなかなか競争の土台に乗れない多くの中小零細業者ならではの戦い方です。

「PPCを制する者は反響を制する」ほど重要ですから、キーワードの世界の基礎知識は決して知っておいて損はありません。

返金保証つき不動産ウェブコンサルティング

お申し込みはこちらをクリック