チェック!反響の多い不動産のホームページの特徴とは?

不動産のホームページ制作業者作るホームページの実態

不動産会社社長イメージどの業者も営業するときやホームページに、
「反響来る」ってうたうけれども、実際はどうなの?

どこを見て選べばいいの?

不動産のネットに詳しくないので、思わず営業電話かかってきて会ってしまい、話を聞いてそのまま契約してしまう「不動産のWeb、ホームページ」に知識不足の経営者が最もやってしまう「失敗パターン」が本当に多いので、十分ご注意ください。

インターネット不動産仲介成功の最重要項目「ホームページ」

不動産ホームページ 画像1不動産ホームページ 画像2

不動産の集客で、1か月10000アクセスあって、反響10件しかないホームページと、100件確保できるホームページでは、集客コストは変わりませんので単純計算ですが、業績は約10倍違うのが容易に想像できるかと思います。

どれだけ集客に強くなっても、低コストでより多く確保できても、「反響」取れるホームページは当たり前で問題はどの程度あなたの会社の規模や目標にマッチしているかということです。

戦い方も予算配分も業者選びも、最も適した組み合わせは全く異なってきます。

毎月のランニングコストが20万円で反響率1.2%のホームページと、
毎月のランニングコストが2万円で反響率0.2%のホームページではどちらがいいでしょうか?

集客コストを多くかける業者や、営業マンが多く、反響を常に多く確保する必要がある業者では
コスト以外に反響率も考えなければいけませんが、
単純に「費用対効果」だけ見て判断しても失敗するので十分注意が必要です。

それは「管理画面」の操作のしやすさと物件入力やメンテ処理にかかる時間です。

この視点はみな抜け落ちていまして、契約後に発覚することが多い盲点なのでご注意ください。
(ホームページや営業マン、パンフの説明では、わかりにくいしどう質問したらいいのかもわからない)

これほど使いにくい、時間がかかるシステムではやっていられないと使ってみて初めて分かり、半年ほどやって変更を余儀なくされるケースもあります。

不動産の仲介でホームページに関する不満「使い勝手、反響率、対応度」等の理由で変更するのはよくあります。

理想論からいえば、こんなホームページがベスト!

「反響率が実際に高く、毎月のコストは安く、入力とメンテナンスがしやすく早く処理できて、
それでいて反響取るのに必要な各種機能が標準またはオプションでも用意されている。
そのうえ、自社でもホームページのカスタマイズがやろうと思えばできる」

私が知る限り不動産のホームページでこんな全部満たしたシステムは15社以上知っていますが横綱クラスの「合格点」を上げられる業者はゼロです。
(ただし、大関クラスの高い評価を出せる、反響取れるHP業者は4社知っています。現在、提携交渉中)

逆にあの業者だけは絶対契約してはいけないと太鼓判を押せるほど根拠のある、ダメな外注業者についても、私は多少は知っています。

在職中、散々やられたからです。

あなたには、そんな「契約額が半額以下でも契約すべきではない」本当に使えないダメ業者
経験豊富な私の知識と経験、情報によって、最初から分かるとしたら、いかがでしょうか?

試行錯誤している他の業者よりもだいぶ大きなアドバンテージと安心が手に入るのではないでしょうか?

「こうしたらいい」だけでなく、「これはやってはいけない」アドバイスの方がはるかにお伝えできるのも、

数多く試行錯誤、失敗経験から学んだからできる「生きたアドバイス」は、
複数の仲介会社で実際に働いた人間だからこそ可能なのです。

不動産サイトに関する「コンサルティング御相談内容」の一例とは?

ポイント不動産のホームページは3種類ある。それぞれの目的とは?
ポイントSEO対策も兼ねていて、濃い反響が集まる城南エリアの某不動産会社の分散型HP戦略とは?
ポイント反響多く取るための不動産のホームページにおいて、絶対必要な機能や特徴とは?
ポイント世間体のため、とりあえず用意させたい「会社案内型」ホームページをやる場合に、これだけはやってはいけない鉄則とは?
ポイント不動産のホームページで集客・反響増のために追加すべき8大コンテンツとは?
ポイント誰も教えてくれないが、できれば欲しい 不動産ホームページの重要度の高い機能とは?
ポイント月に1000万円を売買サイトからのネット反響だけで売上あげるために、契約率が業界標準として設定した場合に計算して必要な「ホームページに求められる数値」とは?
ポイント月に300万円を賃貸サイトからのネット反響だけで売上あげるために、契約率が業界標準として設定した場合に計算して必要な「ホームページに求められる数値」とは?
ポイント思わずエリア検索してしまい、さらに知人にクチコミしたくなるほど印象の強い、不動産売買のホームページの「印象的・感動的なトップページのFLASH」を使っている業者のホームページと業者名を完全暴露!

不動産のネット立ち上げに伴う数多くの課題や選択で、最も頭を悩ませ、契約前も契約後も手間をかけさせる面倒な問題は「ホームページ」にあります。

ホームページビルダーで素人が作った素人丸出しホームページを、恥ずかしげもなくやっている業者もまだまだたくさんありますが、ブランディングの面でキツイ言い方をすると、「全国に恥をさらしている」ようなもの。

そもそも、ホームページビルダーで素人が作った素人丸出しデザインの物件掲載型ホームページでは、反響率がすこぶる悪いし、会社案内型にしたら反響なんて3か月で1件2件でも全く驚きもしません。

逆にそんな反響あったこと自体が運が良かったというレベルですし、反響も売り込みの営業メールだったりして実質反響と呼べるようなものではありません。

不動産のネット立ち上げで事業として成立させる以上、ホームページにはコストをかけてでも「最低限のもの」は用意しないと「話になりません」

問題は現状認識したうえでの「費用対効果」とコスト感覚、そして一番は「経営者の不動産ホームページに対する誤解・間違いのない「正しい知識の習得」および「正しい判断基準」を持つことです。

私がお手伝いできるのは、「経営者の不動産ホームページに対する誤解・間違いのない正しい知識の習得」および「正しい判断基準」を持つ手助けをすること」です。

紙媒体に頼らなくても半年、1年後には収支黒字化を達成すること、あるいは最低限その土台を構築し2年目に毎月安定黒字化までもっていくまで継続的なサポートを必要だと痛感した方は、今すぐお申し込み下さい。

追伸:ホームページ業者へのディレクションは、経営者、営業、事務では荷が重い

ホームページは、フォント、色、コンテンツの構成、配置順、トップページ、詳細ページ、カテゴリページ、サイトデザイン、イメージカラー、タイトルバナーデザイン、検索フォームの配置、検索項目の選択と決定、オプションの追加など、細かい部分まで決めないといけない項目が数多くあります。

専門知識のある業者とやりとりでは、知識不足・専門外の経営者、営業マン、事務員には荷が重すぎて当然といえるでしょう。かといって、専門の人間を雇うほどの余裕はほとんどの業者はないのが実情です。

制作業者は売上単価アップのため、重要度の高いオプションの提案以外に、「重要度の低いオプション」でも売り込みかけてきます。

余計な機能の代金請求や、ホームページ改善指示の余分な代金を請求されない為にも現役で活躍する不動産会社Webディレクターならではの「外注業者への交渉術」があります。

余分な費用を抑えるために、依頼の仕方1つ取っても「コツ」があるのです。

メール不動産仲介のオンライン「立ち上げ」と「早期黒字化」なら、お任せ下さい!

不動産仲介会社を現在も含めて、トータル4社全てで立ち上げを1人で担ってきた不動産仲介ネット立ち上げのプロで、今も現役ですから「不動産のWebならコンサルタントでも知り得ない内部事情にも精通し、何をやるとどうなるのか・賃貸も売買も未来を知っているのが他の人にはない私だけの強みといえます。

(投資は物件情報型サイトではなく条件相談型サイトによって反響・契約を上げた経験があります。
ただし、キャリア上、売買・賃貸サイトのWeb実務全般を担ってきましたので居住用の売買の物件情報型サイトのノウハウや経験をベースに、条件相談型反響獲得サイトでも収益物件の売買立ち上げ・収益黒字化コンサル致します)

チェック項目 Webコンサルティング 宅建業 オンライン

商材を売るためが目的の今までの各種外注業者と違い、数ある選択肢の中から御社が不動産のWebでゼロから立ち上げ黒字化し軌道に乗るまでの間、サポートする完全独立型でオーダーメイドの立ち上げと黒字化までのサポートを最長1年間行います。

(ただし、サポート体制の限界とSEO対策のクライアントの利益保護のため、各都道府県あたり5社(首都圏は10社まで)までの完全限定募集となります。1人で問い合わせ対応、依頼対応訪問指導、サイト運営更新・マーケティングの全てを行っているため、時間的都合上御了承下さい。募集エリアが埋まりましたらキャンセル待ち、または募集停止になります)

ちなみに、私がコンサルしたクライアントは、現場指導のコンサル日に「へ~なるほどね」「それは知らなかった」「いいこと教えてもらった」「だからダメだったんだ」 一番多く聞く言葉はこの4つですね。

経験やデータ、事例に基づき「現役で働く現場の人間による「根拠のあるコンサルティング」をします。

全額返金保証はさらに踏み込んだサポートをしますアドバイスとスキル指導・エリアがかぶらない
他のクライアント様からの情報提供までが
私のお手伝い範囲ですが、
全額返金保証付きコンサルティング講座を
お申し込み頂いた場合は、
私自身も赤字のリスクを負い義務と責任が発生するため、さらに大きく踏み込んでお手伝いすることになります。

返金保証つき不動産ウェブコンサルティング

お申し込みはこちらをクリック