要注目ネット反響対応ー紙媒体の反響とは明らかに異なる対応の違い

ネット反響の対応の仕方とは?

「いやあ、ネット反響が来たのに、なぜここまで連絡がつながらないのかね…」

やってみたらわかりますが、紙媒体の反響と比較して返事がない・アポがなかなかつかなくて苦戦する業者・営業マンが後を絶ちません。

しかし、これはネット反響客の大きな特徴なのです。

数字が悪いと思っている場合でも、どれだけ頑張って営業活動しても、返事がないお客やアポにならないお客は全体の●×%はあると全然知らない為、実際は悪くない数字なのに悪いと思い込んでしまう判断基準のなさがそう感じさせてしまうのも無理はありません。知らない以上、判断基準もないわけですから。

他にはやり方が根本的に間違っているか、数が足りていないか「原因は絞られます」

特に、売買では賃貸よりも多くのコストをかけて反響を取るため、反響は1本も無駄にできません。
売買ではよくある未公開物件の「同業者のスパイ反響」と思われるもの以外は、全部「見込み」として大切に追客し、契約率を1%でも上げていく戦いをして、黒字化へ向かうのは全国どこの業者も同じです。

注目!どれだけホームページ、営業力が優秀であっても、「反響対応」を誤ると、20件反響が来たのに、1か月追客し、売買でアポがたった2件しかないなんて「営業上の大きなロス」が発生してしまいかねません。

広告費かけて反響獲得までは苦労してこぎつけたのに、反響からアポイントにつながらなければ売り上げには結びつかない事は、釈迦に説法ですが、不動産のプロであるあなたがいちばんご存知ですよね?

私は現在も過去も、反響対応いっさいやってこなかったのは過去に1社だけで、ほぼ全ての会社在籍時に反響対応を電話やメールで自分で行ってきました。

また、アポの上手な営業マンと約2倍数字が悪い営業マンが、それぞれどんな営業しているのか会社のオフィス内のデスク真近でじっくり見てきています。

もともと不動産の営業職としてもやっていたこともあり、ネット、営業両方の立場で「「反響対応」をしていましたので、主にメールの面を中心に具体的にコンサルティングできます。

私のやり方がベストとはいいませんが、少なくともある程度連絡が取れるオーソドックスなやり方です。

ーネット反響対応についてー

ネット反響対応編では、主にこのようなことについてアドバイスします。

チェック賃貸・売買で微妙に異なるネット反響対応とは?
チェックメール?電話?反響対応の2つのやり方の使い分け方の原則論とは?
チェック反響対応の鉄則と、反響対応担当者の「意識すべき数字」とは?
チェックホームページの掲載時から本来はすべき「反響対応最大の目的「アポイント獲得」の工夫とは?
チェックまさに手本!反響対応のレベルが高い神奈川県内のネットに強い某不動産会社を実名で伝授
チェック一般媒介・専任媒介・自社売主物件・未公開物件ー反響のあった物件によって対応の仕方を変えて
  アポイント率を上げることを狙った「物件別カメレオン式ネット反響対応
とは?

営業マンのネット反響対応ー得意な人でアポ率40%台超、苦手な人アポ率20%台以下

ただし、売買と賃貸ではアポ率が異なってきますので、上記の数字は目安にしかなりません。

不動産のWebは、買い物かごを用意しておけば勝手に売れる通販サイトと違って、問い合わせから営業がスタートする独特の戦い方があって、一言でいえば「複雑・複合的」です。

ホームページさえ良ければ勝手に反響が来るわけでもなく、集客に力入れてもホームページがダメなら反響はなかなか来ない。

それでいて、収支のバランスも考えながらやっていかなければなりません。

反響が来ても「ネット反響対応」を誤ると、反響多くて対応に奔走されている割に、なかなか案内にいけずに「数字が上がらない」ことになるわけです。

つまり、1つの要因をクリアしただけではダメで、黒字化への道はすぐに簡単にはいきません。

「ネット反響対応」自体は集客・ホームページのディレクションに比べて難易度ははるかに簡単で「知っているかどうか」と「実際にやっているかどうか」だけですので、難しく考える必要はありません。

ただし、無知のまま取り組むとせっかくコストかけて集めた反響と努力が水の泡になりかねませんので、ご注意ください。

単にメールを送ればいいわけではない「意外と奥の深い」世界です。メール

メール不動産仲介のオンライン「立ち上げ」と「早期黒字化」なら、お任せ下さい!

不動産仲介会社を現在も含めて、トータル4社全てで立ち上げを1人で担ってきた不動産仲介ネット立ち上げのプロで、今も現役ですから「不動産のWebならコンサルタントでも知り得ない内部事情にも精通し、何をやるとどうなるのか・賃貸も売買も未来を知っているのが他の人にはない私だけの強みといえます。

(投資は物件情報型サイトではなく条件相談型サイトによって反響・契約を上げた経験があります。
ただし、キャリア上、売買・賃貸サイトのWeb実務全般を担ってきましたので居住用の売買の物件情報型サイトのノウハウや経験をベースに、条件相談型反響獲得サイトでも収益物件の売買立ち上げ・収益黒字化コンサル致します)

チェック項目 Webコンサルティング 宅建業 オンライン

商材を売るためが目的の今までの各種外注業者と違い、数ある選択肢の中から御社が不動産のWebでゼロから立ち上げ黒字化し軌道に乗るまでの間、サポートする完全独立型でオーダーメイドの立ち上げと黒字化までのサポートを最長1年間行います。

(ただし、サポート体制の限界とSEO対策のクライアントの利益保護のため、各都道府県あたり5社(首都圏は10社まで)までの完全限定募集となります。1人で問い合わせ対応、依頼対応訪問指導、サイト運営更新・マーケティングの全てを行っているため、時間的都合上御了承下さい。募集エリアが埋まりましたらキャンセル待ち、または募集停止になります)

ちなみに、私がコンサルしたクライアントは、現場指導のコンサル日に「へ~なるほどね」「それは知らなかった」「いいこと教えてもらった」「だからダメだったんだ」 一番多く聞く言葉はこの4つですね。

経験やデータ、事例に基づき「現役で働く現場の人間による「根拠のあるコンサルティング」をします。

全額返金保証はさらに踏み込んだサポートをしますアドバイスとスキル指導・エリアがかぶらない
他のクライアント様からの情報提供までが
私のお手伝い範囲ですが、
全額返金保証付きコンサルティング講座を
お申し込み頂いた場合は、
私自身も赤字のリスクを負い義務と責任が発生するため、さらに大きく踏み込んでお手伝いすることになります。

返金保証つき不動産ウェブコンサルティング

お申し込みはこちらをクリック